福岡県春日市のシンエイ塗装。外壁のひび割れ補修・塗装はお任せ下さい。

福岡春日市のシンエイ塗装株式会社。外壁のひび割れ補修・塗装はお任せ下さい。

お問い合わせからの流れ

塗装工事の必要性

はじめに

このページは少しボリュームがあり、専門的な内容になります。最後まで読んで頂けたら幸いです。
最近、塗装工事をリフォーム、リフォームとうたっている広告チラシやホームページを見かける事が多いようですが、塗装工事というのは建物の保護の為に必要不可欠な工事であり、メンテナンス工事の部類にはいります。 ただその際、多様な彩色や意匠性を伴う為、より快適な空間を作り出すリフォーム工事と間違われている方が多いようです。

建物をはじめ、あらゆる構造物や素材はそのままでは雨水、日光、塩分、汚染物等により、あっとゆう間に劣化してしまいます。 定期的に表面をコーティングすることにより、躯体の寿命を延ばし建物の価値を高めて行きます。これが塗装の第一の目的で有ります。
次に美観があげられます。誰にでも好きな色やラッキーカラーが有るように色と言うのは我々の生活を快適に過ごす為には無くてはならない物です。色ひとつで気分もがらっと変わりますし、即座に危険を判断するなど実に様々です。
あと塗装によって出来る事として、遮熱、断熱、抗菌や妨藻、妨カビ、落書きや結露の防止、調湿等、数え上げれば限りが有りません。塗り替える事により、物体の価値を高め、快適性や経済的等、いろんな分野のニーズにこたえる事が出来ます。
  • 建てた時から経年劣化は始まります。

    築20年をこえ、一度も手を加えていないカラ―鋼板などは、左の写真の様に、全体に錆が発生して参ります。 このまま放置していると、近いうちに、深錆部より、孔が開いてしまいます。しっかりとし塗膜が形成されているうちは、水分などは弾かれて溜まりませんが、塗膜が劣化し、水分を吸収するようになると、どんどん、錆が広がって行きます。

  • しかし、定期的にしっかりとしたメンテナンスを施す事により、あなたの大切な財産を守る事が出来ます。
    早めの施工では塗り回数も3回塗りで済みますが、劣化が進むと錆止めや下塗りの塗り回数を増やすなど、工程及び予算的にも膨れ上がって参ります。小さな工事で済む内に手を加えてやる事が大事です。

塗装工事について

一般的な戸建住宅での塗装工事の必要性について述べさせていただきます。
住宅を大まかに分けると、外壁、屋根、木部、鉄部、ガラス、アルミサッシなどとなります。
ガラスは無機ですので非常に耐候性があり、塗装の必要はありませんが、残りの部位に関しては、建てた時から経年劣化が始まって参ります。
特に屋根は過酷な状況にあり、常に紫外線や風雨を浴び続けております。
我々の大切な家族や財産を守ってくれているあなたのお住まい。
一度ゆっくり眺めていただき、感謝の気持ちを込めて優しく壁を撫でてやって下さい。
もしもその時に、手のひらに白い粉が着くようであればそれは物言わぬ住まいからの黄色信号です。
  • 壁材の種類

    壁材にも色々と種類が有りますが共通しての劣化のサインとしてこのチョーキング減少(白化現象)が現れます。
    この現象が現れると塗膜の寿命がきている事が判ります。
    塗料のランクにより耐候年数に違いがあり、短いもので5~7年、永いものでも18~22,23年程度、(最近は30年をうたう無機系塗料も出て来てる)この現象が現れると塗膜が水分を吸収し、躯体自体に湿気が廻り出し、そのままほっておけば内部の構造物にまで痛んでくる事となります。

  • 壁の素材について

    大きく分けて壁の素材はモルタルとサイディングに分けられます。

    モルタルの場合、目視を行いひび割れや欠損があれば要注意、髪の毛程のひび割れは問題有りませんがもう少し大きくなると、そのすき間から水が浸入、(水分は毛細管現象により狭い箇所では上にも上る程しみ込んで来る)モルタル内部の金網を錆させ、剥離、欠損となり、構造物の木や鉄骨を傷める事となり、それが進めば、震度5程度のゆれにも耐えきれなくなり、倒壊の危険性が増してゆきます。

    サイディングの場合、一番劣化が早いのが板と板とをつなぐコーキングです。
    通常5~7年しか持ちません。
    コーキングが切れるとサイディング側面はコーティングがされて無い為ただちに水分を吸収しだし、表面が反ってきます。
    釘頭辺りからも水が浸入し出せば、サイディング自体がくさりだし、貼り替えるほか無くなります。
    また内部の構造材への劣化も早く、この図では鉄骨柱が腐食し、基礎のコンクリートを押し出す状況まで進んでおります。

他にもいろんな外壁素材がありますが基本的には表面の塗膜のしっかりしている間でコーティングをやり替え、内部構造物への水の進入を防ぐ事が建物の寿命を大きく左右する要因であります。

木材は濡れると腐り、鉄骨は錆びる。

本来、日本の木造建築は1000年持てる様になっております。
きちんとしたメンテナンスを行い、大事な住まいをいたわってやりたいものですね。

屋根の塗装について

屋根の種類は大きく分けて陶器瓦、セメント瓦、窯業系瓦(コロニアル、カラーベスト)など及び板金屋根となり、陶器瓦は塗装の必要は有りませんが他の瓦に関してはやはりメンテナンスの必要が有り、特に窯業系瓦に関しては、新築時より15年程度の内に塗り替えを行わなければ表面のコーティングが剥がれ、ダイレクトに水を吸う様になり、その後、塗装を掛けても永くは持たず、葺き替えを行わなければならなくなります。
  • そのままにしておくと、瓦が極端に薄くなってゆき、反りが発生し、中を止めてある釘が錆び、破損、崩落してゆきます。

  • セメント瓦に関しては塗膜は無くなって行きますが瓦自体はかなりの厚さがありますので20~30年程度は機能的には問題は無いかと思われますが美観的にはいかがでしょうか

  • 一番やっかいなの鋼板屋根であり、瓦棒や折板屋根など形状は様々ですが、この写真の様に腐食が進みますと、そのうち歩けない状態となり、少しの衝撃で孔が開いてしまいます。
    そうなると屋根自体を葺き替える必要が有りますので、屋根の塗替えは非常に大事な事だと言えます。

  • 鉄部は一度、錆が発生してしまうと、また直ぐに錆が発生してゆきますので、早め、早めのメンテナンスが必要となります。

塗装の流れ

  • 着手前

  • 錆落とし状況

  • 錆止め塗り中

  • 錆止め増し塗り中

  • 上塗り1回目

  • 上塗り2回目

  • このように傷んだ被塗物に対しては増し塗り等の何工程もの作業が必要となって参ります。

    人はきれいな環境で生活しなければ心まで荒んでしまいます。

    快適な人生の為、大事な財産は早めのお手入れを。

鉄部が一番、傷み具合が判りやすいですが全て同じです。

塗料のランク、耐候性について

塗料の種類としましては安価(低耐候性)な順から、アクリル、ウレタン、シリコン、フッソ、無機系塗料と性能が上がって参ります。

多機能性塗料

東日本大震災以来、節電等により急速に需要が高まっている塗料として、遮熱塗料が挙げられます。
いずれも被塗物の表面温度を下げ室内の温度を落とすことにより、空調費など節電となる訳ですがメーカーにより、かなりの差が有る様で、表面温度15度から35度、室内温度で1度か3度程度まで、ほかにも耐候性等においても相当の開きが有る模様です。